こんにちは!
世界ドリームプロジェクトを運営しているゆうすけです。

「第2弾 夢を尋ねる旅」
今回は、フィリピン・マニラのあるスラム街で尋ねた「夢」を紹介します。

ここで尋ねた「夢」の記事はこちらでも紹介しています。
【夢を尋ねる旅】フィリピンのスラム街で暮らす人々の夢 part1「家族のために…」
【夢を尋ねる旅】野球選手になりたいスラム街で暮らす男の子の夢「今度来るときはグローブ持ってきてね」


フィリピンの中でもかなり貧困層のひとたちが暮らしているエリアです。
日本人ひとりでは何があるか分からないので、仲良くなった現地の人も一緒についてもらいました。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_19485

生活している環境はとても、良いといえるような場所ではありませんが、
実際に行ってみると、人とのつながりあたたかさを感じる場所でした。
IMG_1083


61歳のおじいちゃん
IMG_0923
“ MASAYA AKO DAHIL NAKARATING KA DITO SO PILIPINAS AT SA MAKATAPOS KA SA PAG AAOAL MO ”
「わたしはあなたがフィリピンへ来てくれて嬉しい。あなたが学校を卒業できることを祈っている。」

野球選手になりたいと話しをしてくれた子のおじいちゃん
ぼくの話しを聞いてくれて、スケッチブックには嬉しいメッセージを書いてくれました。

28歳の妊婦さん
IMG_0927
“ Mag Koron ng Magandang buhay!!! ”
「よい人生を送る!!!」

笑顔の多いお姉さん。お腹は大きく妊婦さんでした。
ここでの生活や家族との関係にとても満足していると話ししていました。

ビジネスウーマンになりたい19歳のお姉さん
IMG_0928
“ I want to be come Successful Business Woman ”
「わたしは成功したビジネスウーマンになりたい。」

まだ若くて19歳。このスラム街から車で10分も移動すればビジネス街もあります。
これからどうなっていくのかな。

バスケットボール選手になりたい14歳の男の子
IMG_0929

“ I want to become a Basketball Player ”
「オレはバスケットボール選手になりたい」

彼は14歳。小学校を卒業して、いまは学校へは行っていないそう。
このスラム街ではいたるところで若いひとたちがバスケットボールをして楽しんでいました!
彼のようにバスケットボール選手を夢見るひとも多いのかも。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_19486

ビジネスウーマンになりたい19歳のお姉さん
IMG_0930
“ I want to become a successful Business woman”
「わたしは成功したビジネスウーマンになりたい。」

彼女は、ひとつ前に紹介した彼のお姉ちゃん。
ここでビジネスウーマンになりたいになりたいという夢を聞くのは2回目だった。
いまは仕事をしていないそう。

ここで出会ったひとたちは仕事をしていないという人が多い。
どうやって生活しているのかな?

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_19505
夢尋ねをしたり、アンケート調査をしたりもしたけど1日のうちの少しの間しかいれなかったので、
なかなか深いところまで知ることは難しかったです。
フィリピンではだいたいほとんどの方は英語が通じるのですが、スラムでは教育をしっかりと受けることができていない人も多いためか、英語でコミュニケーション取ることも難しいです。

ただ、ひとつ言えることは、ぼくのイメージしていたスラムは犯罪などの温床で危険なイメージばかりがあったのですが、実際に行ってみるとみな日本人のぼくを温かく迎えてくれてました。

生活環境は衛生面でも決してよい場所とは言えませんが、家族や近所のひとたちとの交流が多く、ひととのつながりが多くありあたたかい場所に感じました。

実際に生活したら、ここにはここの大変さがあるとは思います、
なんだかぼくもここで生活したら、幸せを感じるんじゃないかって思うような、
うまく言葉で表せないけれど、そんな人のあたたかさを感じました。

自分は幸せだって感じている人が多いこともとても印象的でした。


「夢」を尋ねるプロジェクトはマルマン株式会社の協力により実施しています。
マルマンのスケッチブック
FullSizeRender

1日1回クリック
多くの人に「夢」「笑顔」が届けられるよう応援お願いします
にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ


Twitter・Instagramも更新しています