2015/08/21〜2015/08/24
東南アジアひとり旅 1日目〜4日目

マレーシアに住んでいる人々へ「夢」を尋ねました。
" What's your dream? " 「あなたの夢はなんですか?」 
マレー語では " Apakah impian kamu? "
 
image

 
マレーシア出身 53歳
クアラルンプールのタクシー運転手 
 
2015-08-23-21-44-31

" I AM DAVE ANAND MY DREAM IS TO BECOME MiLIONERE Ah Ah Ah " *MiLLIONAIRE
「私はDAVE ANAND
私の夢は大富豪になることだ あはは!」



72歳 マレーシア出身
街中で新聞を読んでいたところ

2015-08-23-21-44-36

" MY DREAM :
I AM 72 years OLD MY DREAM NOW TO REQUEST GOT TO BLESS. TO PROTECT MY FAMILY AND TO BLESS AND KEEP THEM FROM HARM "
「わたしの夢:
私は72歳。私のいまの夢は家族をあらゆる被害から守り続けるために
神のご加護を授かること。

とても慎重に言葉を選び、何度も読み返しながら書いたくれた。


↑ここまではマレーシア・クアラルンプールにて。
↓ここからはマレーシア・ペナン島にて。


マレーシア・ペナン島出身 27歳
サイエンス専攻の大学院1年生

2015-08-23-21-45-43

" I WANNA GO TOJAPAN! "
ED2 :)
PENANG
「日本へ行きたい!」



マレーシア・ペナン島出身 27歳
サイエンス専攻の大学院4年生

2015-08-23-21-45-47

" I want to travel around the WORLD
and finish my PhD! "
- Atiqah -
- Penang USM -
「世界中を旅することと
博士号を取ること」

ふたりは一緒にこれから夕飯を食べに行く途中でした



マレーシア・ペナン島出身 22歳
旅行会社で働いている。

2015-08-24-10-20-28

" I want to be a stewardess.
I want to explore The whole world. "
Shasha
「私はスチュワーデスになりたい。
世界全体を冒険したい。」


以上、マレーシアに住んでいる人々へ尋ねた「夢」でした
協力してくださった方々ありがとうございました。
Part 1はコチラ!



はじめて海外で「夢」を尋ねるという企画に挑戦して、最初は街を歩いているひとに声を掛けるのにすごく緊張しました

半分以上は断られる。5人に話しかけてやっと1人のひとに書いてもらえるとかそんなときもよくあった。
特にクアラルンプールではほとんどの女性に断られました。
それも知らない人に話しかけられるなんて信じられないといったような様子で

マレーシアは人口の6割がイスラム教徒で、街を歩いているとスカーフを被っているムスリムの女性を多く見かけます。
いまになって調べてみると、イスラム教では女性が知らない男性と話すことを禁じられているようです。
しっかり事前にリサーチ調べておくべきでしたm(__)m 申し訳なかったです。


でも断られることにもだんだんと慣れてきて、「夢」を尋ねることがコミュニケーションのきっかけとなり、新たな繋がりができたりとどんどん楽しくなってきた
最初はどうしようかと思ったけど(笑)

" What's your dream? " の企画なしで旅をしていたらどんな旅になっていたんだろう。
きっとこの尋ねた人々の「夢」はぼくの大切な思い出になっていく。
いろいろな場所で、いろいろな世代の方の「夢」を知るのはすごくおもしろい。

つぎはミャンマーで「夢」を尋ねます。


世界新聞でも連載していくのでそちらもよろしくです(^-^)/

ツイッターでも(Wi-Fiがあるとき)リアルタイムに更新しています。
https://twitter.com/tabi312i




ブログランキングに参加中
応援してくださる方、クリックしていただけるとうれしいです
にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

バックパッカー ブログランキングへ