ぼくが旅で企業から協賛を得ようと思うようになったきっかけ
それは『マンゴーと丸坊主』 という本でした。

image
マンゴーと丸坊主―アフリカ自転車5000km!
山崎美緒



この本はぼくにスタディーツアーを勧めてくれた大学の先生が貸してくれた本
(過去の記事:「バックパッカーになりたい!」と話したら大学の先生に止められた
先生の友達の山崎美緒さん


女ひとりで自転車でアフリカ縦断の旅をした方
かっこいい!! 鼻の穴が大きくなってしまう。
自分も挑戦してみたい。いつかきっと。

女性と思われてしまうと危険が多いから、頭は丸坊主、胸にはさらしを巻いて旅していた。


アフリカを自転車で5000km
行動力がすごいなぁ。無謀なことだとしてもやるって決めたらやる。そういうのすごく惹かれる。 
でも山崎さんはこういう行動力だけじゃなくて、準備がしっかりしてるなと思った。
その土地のことの情報収集だとか、いろんな人から意見をもらったり。
スワヒリ語もできたからこそ、アフリカでこういう旅ができたんだと思う。
こういう強みがなかったら、きっと旅は成功してなかったんだろうな。


ぼくが旅で協賛を得ようと思うきっかけとなった部分は、アフリカ自転車旅の前の話。
山崎美緒さんはアフリカを旅する前に、親を納得させるため自転車で日本一周の旅に出た。
その時に、◯◯家の社長に電話をして、自転車に広告をつけるから全国の◯◯家で牛丼無料にしてもらったり、◯◯製薬の社長に電話して、カ◯リーメ◯トを箱でもらったりしたらしい!!
 

この話を聴いて、「こんなのアリなの!?」 とびっくりした。
個人の旅なのに、企業がスポンサーになってくれるなんて! 
またまた山崎美緒さんの行動力にびっくり。



そして、こんな話を知ったらぼくもチャレンジしてみたくなっちゃうよね。
ダメでもいいから一度やってみたいと思った! 

ただ旅するだけでは協賛はもらえないと思って、旅先に出会った人々の「夢」を尋ねながら旅をする企画を考えた。
そして企業のプロモーションができるようにこのブログTwitterもはじめた。


旅をしながら、どんな企業のどんなプロモーションができるかな??
このことを考えるのはすごくたのしかった。
授業中もいつの間にか頭の中は協賛のことになっていたり(笑)


パワーポイントで企画書づくり。
こういう企画書をつくるのは初めてだった。
大人のひとにもアドバイスをもらいながら、何度も手直しをして徐々にいいものができてきた。

企業のページのお問い合わせ、お客様サポートから企画書を提出。
返信が来るだけで毎回毎回嬉しかった。
オフィスに招いてもらってミーティングの機会をつくってくださった企業もあった。



そしていくつかの企業から協賛をいただくことができた!

いま現在、旅の出発10日前
この旅を応援してくださる企業や、企画書のアドバイスをくれた方に感謝。

協賛企業については旅が近くなったら記事を書きます。


以上、ぼくが旅で企業から協賛を得ようと思ったきっかけの話でした!

【他の記事】
旅の企画・協賛を得るまでの経緯
【企画書の例あり】個人の旅で協賛を得る方法
旅の協賛などをいただいている企業等の紹介


ブログランキングに参加中
応援してくれる方、クリックしてもらえるとうれしいです
にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

バックパッカー ブログランキングへ