2015年3月19日〜2015年4月2日 
カンボジア スタディツアー&村の教育ボランティアでの15日間

村でホームステイをして朝を迎える。
だれひとり目覚まし時計を使わない。
朝になるとニワトリが「コケコッコー!!」って大きな声で起こしてくれるから(笑)


今回の記事では村の小学校について書いていきたいと思います(^-^)/

ステイ先のママ・パパが作ってくれた朝ごはんを食べて、みんなで歩いて村の学校へ向かう。

2015-04-01-11-54-40


いってきまーす!

2015-03-27-18-04-34


ステイ先から学校までは歩いて10分くらい
道をずーっと真っ直ぐ。
牛がぶらぶら歩いてたりもする。

2015-04-01-16-49-44


ここが学校〜!きれいな学校
午前に来る子と、午前中に来る子に分かれている。

2015-03-28-11-11-16


授業は日本語と英語
現地の先生によって、クメール語(カンボジア語)も教えられている。

2015-03-30-08-32-10


授業 1コマは1時間15分
日本の小学校よりも長い!!

2015-03-30-09-03-58


1クラス 3人〜5人のメンバーで教えていた!

2015-03-28-11-06-12



授業中、ぼくが黒板前で教えはじめると子どもたちがぼくの真似をしてくる
話し方がおかまみたいらしい(´・_・`)w
そうは言ってもみんな授業に一生懸命取り組んでくれる。

「ソムソセーイ!(書いてー!)」
「ソムアーン!(読んでー!)」
そういうとみんなが一斉に
「はい!はい!はい!!」って元気よく手を挙げてくれる。

2015-03-30-08-25-20

もううるうる涙が出てきそうになるね。
本当にここで授業をやるのは楽しかった。
将来先生を目指してる人たち、もしここで先生やったらきっともう戻れなくなる(´・_・`)笑


学校のたのしみは授業だけでなく、 休み時間も!

2015-04-01-07-30-48


休み時間は30分間。カンボジアの小学校の休み時間は長い! 

2015-04-01-07-28-38


子どもたち無邪気で純粋で元気いっぱいで本当にもうあああああああ

2015-04-01-07-31-55


学校に来て、毎日元気をもらってた。 

2015-04-01-07-32-55


こんな目で見つめられたらやられちゃう

2015-03-30-09-38-48


この子は休み時間どこ行ってもずっと離れてくれなかった(笑)

image


丸くなって遊んだり…

2015-04-01-07-35-00


バレーボールをしたり、ぐるぐる身体を宙に浮かして遊んだり、折り紙をしたり…


写真はないけど(´・_・`)w


休み時間に何度「おかまー!」と言われて追いかけたことか・・・
どこにいってもおかま扱いされるのは一緒でした(笑) 


でもちゃんとぼくを男の子としてみてくれる女の子もいたな(笑)

7年生のスナン
放課後ぼくを呼び出して、告白をしてきた…


可愛かったなぁ( ;  ; ) 
自分も中学の頃にタイムスリップしたようだった
他の子と話すると怒って口きいてくれなくなるの(笑)



それはいいとして、、
授業も、休み時間も本当に本当に楽しくて、とても大切な思い出になる時間でした。

2015-03-27-11-14-01


ぼくが最後の授業の日
子どもたちが手紙をくれました。

2015-04-02-18-17-45

お別れ会をする訳でも、手紙を書く時間があった訳でもないのにこんなにたくさんくれて…。
この手紙はずっとずっと大切な宝物です。


もともとバックパッカーとして旅をしたかったけど、この経験は決してバックパッカーの旅ではできないことでした。
この教育ボランティアをさせてもらうことができて本当によかった。

また子ども達に会いたいな。
子どもたちがよりカンボジアのことを好きにさせてくれた。
オークン。ありがとう。


ブログランキングに参加中
応援してくれる方、クリックしてもらえるとうれしいです
にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

バックパッカー ブログランキングへ