2015年3月19日
今日から15日間のカンボジアへ
スタディーツアーと村での教育ボランティア


ついにこの日が来た。ずっと待っていたこの日が来た。はじめての東南アジア!
国際協力NGOを通してのツアーで、これには色々な動機で参加する人がいる。
ぼくは青年海外協力隊だとか、国際協力にも興味を持っていけれど、正直、一番の理由はただ単純に海外へ行ってみたかったからだと思う。
半年くらい前に、はじめてひとり旅をして、自分の見ていた世界の狭さに気づいた。
そして、自分とは異なる環境・文化の中で暮らしている人々と、触れ合いたかった。


新品の大きなスーツケースを持って家を出た。
電車で成田空港へ向かう。

成田空港で搭乗手続き
2015-03-19-14-44-57 


カンボジアへは現地集合だった。 
飛行機はひとりで乗るしかない。
搭乗するまでの手続き、ひとりでやるのは今日がはじめてだった。
「どこに行けばいいんだ?」「 次はどうすればいいんだ??」
わからないことだらけだった。でも、日本語が通じるから周りの人に聞けばいいんだ
いろんな人に聞きながら、なんとか無事に飛行機に乗ることができた!


上海空港を経由
2015-03-19-16-59-29
ここでもまた分からないことが。
「トランジットってどうやるのよー!」
日本語は通じない。中国語わからない・・・。
日本を出発して数時間で、すでに孤独感を感じた。笑

英語で頑張るしかない!
下手な英語で、なんとか空港の人に教えてもらうことができた。

でも、教えてもらっで向かった先のエレベーターは止まってる。「本当に合ってるのかな?」
預け荷物のスーツケースは受け取る必要はなく、そのままにカンボジアまで運んでくれるとのこと。
「本当に大丈夫なのかな??」

はじめてで不安なにもかもだらけだった


日本からカンボジアまで約6時間
image
飛行機での6時間は長く感じた。でもゆっくり本読めてよかったな。

カンボジアを知るための62章』
『地球の歩き方 アンコールワットとカンボジア
『旅の指さし会話帳 カンボジア
『決定版 やさしいおりがみ

スーツケースに余裕があるからと、本持って行き過ぎた
でも移動時間に本は必需品だね!


現地時刻の22時にシェムリアップ空港に到着
image
ついに到着!カンボジア!!
飛行機を出た瞬間、外の空気はムシムシ!!
このとき日本は3月で寒い季節だったから、「ああここは日本じゃないんだ!!」ということを余計に感じた。

顔がにやけてしまう。ひとりで歩いているのに、勝手ににやけてしまう。
「きたんだー!きたんだゾォー!!」 
嬉しくてたまらなかった。

心配していたスーツケースもしっかり届いていた!


シェムリアップ空港は、小さな空港だった。
空港の警備の服をきた人達は、座り込んでケータイいじったり、仲間同士で笑い話をしていたり。
「えええぇー!!」 
着いて早々にカルチャーショック。
そして、胸がワクワク。
「ここは日本じゃないんだ!!」



ツアーの参加メンバーとは空港を出てすぐにところに集合だった。
メンバーは11名。みんな初対面

「どんな人が来るんだろう?」
すでに3人くらい来てた。全員女の子。
後からくる子も ・・・みんなみんな女の子ばかり


ぼく以外、全員女の子だった。
おかま1名。女の子10名。

おかまじゃないもん。気分はるんるん♪ 
ほとんどが同年代の大学生。そして年上のお姉さんも

るんるん気分ではあったけど、「ああこれは旅じゃないんだ。ツアーなんだ。」
って参加者メンバーで集合した時に感じた。
もちろん参加者同士でワイワイできて、それはそれですっごくたのしいんだけどね  ! 



夜の道。ガタガタに揺れるバスに乗ってホテルへ
窓から見える景色。
トゥクトゥクが走ってる。道路は土。街灯がない。育っている木も、標識も日本とは違う。 それだけで興奮した。


空港からホテルに到着。
ホテルが豪華でビックリ。ゲストハウスみたいなところを想像していた。
2015-03-20-18-16-41
↑次の日の朝に撮影
プールまで付いてる。ただの高級ホテルじゃないかー!

ベットがふたつ!
2015-03-20-01-22-29
でも男1人だから、部屋にはぼくだけ。
少し寂しいような、うれしいような(笑)

トイレとシャワー
2015-03-20-01-25-01
水洗トイレじゃないかーい! 
シャワーはお湯が出る!でも温度調節が難しかった。
勢いもすごい。そして、鉄の味がすごくした。


ホテルに着いたのはもう夜だったから、軽くシャワーを浴びてすぐに寝た。
次の日からのことはなかなか想像つかなかった。
「カンボジアでどんな2週間を過ごすんだろう。」
「どんなことを知って、どんなことを感じて日本に帰るんだろう。」

そんなことを考えたりしなが眠りに就いた。



朝起きて、窓から初めてみるカンボジアの風景
2015-03-21-08-14-35
夜には暗くて見えなかった景色が広がっていた。
ニワトリの声とたまに通るトゥクトゥクやバイクの音。静かでのどかな空気が広がってる。
日本で見たことのない景色。とびっきり綺麗な景色というわけじゃないのに、平凡なこの雰囲気の中にいるだけでもう幸せだった。
すでにカンボジアにはまりそうになっていた。早すぎる(笑)



次回は、スタディーツアーでの7日間について(^-^)/
 

ブログランキングに参加中
応援してくれる方、クリックしてもらえるとうれしいです
にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

バックパッカー ブログランキングへ