たびっちゃう! 〜世界ドリームプロジェクト〜

世界を旅しながら人々へ「夢」をインタビューし「笑顔」とともに発信していきます!


2日前から「第2弾 夢を尋ねる旅」に向けてのクラウドファンディングを開始しました!

世界の人々の『夢』『笑顔』の詰まったフォトブックを作りたい!
https://readyfor.jp/projects/dreambook


dreambook


プロジェクト内容皆様へのリターンなど詳しくはReadyforのサイトからご覧ください!


この記事でも簡単にプロジェクトの内容を載せておきます↓↓

① プロジェクトの目的
・「夢」「笑顔」など世界のポジティブな面に光を当てて発信していく。
・「夢」から各国の人々の価値観・文化の違いを知る。
・「夢」を尋ねることを通して、人々との出会いのきっかけを作る。


② プロジェクトの内容
・旅先で出会った現地の人たちや旅人に「夢」を尋ねてスケッチブックに書いてもらい、
それを本人の笑顔と共に撮影しSNSにリアルタイムで発信する。

・プロジェクトへ支援してくださった皆様へフォトブックを贈る
(第1弾・第2弾合わせて300名程度の「夢」「笑顔」の詰まったフォトブックを製作する予定です!)

その他、企業からも協賛をいただき旅中にブログ・SNSなどから企業プロモーションの企画も行います。
また、自身の卒業論文「東南アジア諸国の価値観比較〜夢の観点から〜」のデータ収集のため、現地でアンケート調査も実施する予定です。


③ 実施期間・場所
期間:2017年8月3日〜8月31日
場所:フィリピン(マニラ・セブ・ダバオ)・インドネシア(バリ・ジャカルタ)
(※支援金によっては、東南アジア以外の国での実施も検討)


第2弾と続けて、今後、全大陸でやっていけたらな!
世界中の人たちの「夢」「笑顔」はきっと自分たちの心を温かく、前向きな気持ちにさせてくれる。


多くの方々へこのプロジェクトに共感していただけると幸いです!
応援よろしくお願い致しますm(_ _)m


第1弾で尋ねた約150名の夢のまとめ動画はこちらです

  undefined__lt__iframe width="480" height="360" src="http://www.youtube.com/embed/_TAzwp6TI7k?rel=0" frameborder="0" allowfullscreen__gt____lt__/iframe__gt__">

 
1日1回クリック
多くの人に「夢」「笑顔」が届けられるよう応援お願いします
にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ


Twitter・Instagramも更新しています



@tabi312i



LINEでブログ購読もできます(^-^)/
 

こんにちは!
世界ドリームプロジェクトを運営しているゆうすけです。
07
dreem.jp


Instagram
をはじめて約1ヶ月経ちました!

第1弾 夢を尋ねる旅に続き、2017年夏からの『第2弾 夢を尋ねる旅』に向けて…

より多くの人に発信できるよう、これまでのツイッター・ブログに加えて、Instagramでもリアルタイム発信をすることにしました


旅がはじまるまでは、いままでのヒッチハイク・ママチャリの旅・カンボジアでの教育ボランティア。
それから、『第1弾 夢を尋ねる旅』で尋ねた約150名の「夢」「笑顔」の写真などを投稿しています

是非、気軽にフォローしてくださいー!

ゆうすけ@夢を尋ねる旅さん(@tabi312i)  - Instagram

 
1日1回クリック
多くの人に「夢」「笑顔」が届けられるよう応援お願いします
にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ


Twitter・Instagramも更新しています



@dreem_travel



LINEでブログ購読もできます(^-^)/
 

アンカー・ジャパン株式会社から商品提供していただいた大容量モバイルバッテリーに加え、
USB急速充電器高耐久Lightningケーブルについて紹介します。

夏からはじめる『第2弾 夢を尋ねる旅』の旅先で使わせてもらいます
旅先で実際に使いながらレビューしていくので、今回は簡単に商品紹介だけ!


① Anker PowerPort 4


同時に4つの機器をフルスピードで充電できるUSB急速充電器です!

フルスピード充電テクノロジー 
Anker独自技術PowerIQとVoltageBoostにより、使う機器に合わせてフルスピード充電が可能できる。


マルチ保護システム 
サージプロテクターや温度管理の機能を搭載しており、長期間 安心して使うことができる。

 

4つもUSBポートがあるのに、ここまでコンパクトなのは旅先でもかさばらず嬉しい!

ゲストハウスとかでコンセントがあれば、iPhone・モバイルバッテリー・カメラ・ポケットWi-Fi、すべてをフルスピードで同時に充電できるな

すごく安心感ある。



② PowerLine Lightning (3ft / 0.9m)

5倍長持ちの高耐久Lightning充電ケーブルです!


色の希望していなかったら、届いたカラーは「赤」でした
目立つけど、よりタフそうな色でいっか !笑


高耐久ケブラー繊維で強化された史上初のライトニングUSBケーブルだそう。5000回以上曲げても一切無傷でパフォーマンスにも影響が出ません。

この動画を見るとPowerLineの強さが分かると思います!
 
旅先で使うだけでなく、このような耐久性のテストも実際に行なっていきたいと思います




箱の側面には  " Thanks for choosing Anker! " というメッセージが
Anker製品はこういう細かいところまで配慮があるのが好きだなぁ。
勝手にアップルっぽさを感じます


アンカー・ジャパン株式会社から商品提供していただいた
① 大容量モバイルバッテリー
USB急速充電器
③ 高耐久Lightningケーブル
旅先で使うのが楽しみです




 
1日1回クリック
多くの人に「夢」「笑顔」が届けられるよう応援お願いします
にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ


Twitter・Instagramも更新しています



@tabi312i



LINEでブログ購読もできます(^-^)/



アンカー・ジャパン株式会社から商品提供していただいた大容量モバイルバッテリー

その名も…
" PowerCore 20100 "
名前からして強そうです      




第2弾 夢を訪ねる旅の中で使わせてもらいます。
今回の記事では簡単に開封後の商品レビューだけしていきます


箱の中には…
① PowerCore 20100 本体
② microUSBケーブル
③ メッシュケース
④ ガイド



メッシュケースまでついてくるとは嬉しい!



大きさは、比較が分かりづらいかもしれませんが、一般的なハサミと同じくらいの大きさです


大容量だけあって少し大きめ!
ただ、これでiPhoneの充電7回分もあるかと思うとコンパクトに感じられます。

20000mAh以上のモバイルバッテリーでは、最もコンパクトだそう!



充電ポートは2つあって、同時に充電していけます。

PowerIQやらVoltageBoostの技術でどんな機器でもフルスピードで充電器できるそうです!
この安心感は大きいです。



モバイルバッテリー自体の電池残量もLEDランプの数で確認できます



デザインもよくて、早く旅先で使うのが楽しみです!

バッテリー容量 20100mAhということは…
1日1回 iPhoneを0%→100%まで充電するとしたら、7回分充電できるということです!
なかなかないと思いますが1週間遭難して、旅先で電源がなかったとしてもiPhoneは使い続けれるかもしれない


次の記事ではもう一つ商品提供していただいたUSB急速充電器を紹介していきます。


 

 
1日1回クリック
多くの人に「夢」「笑顔」が届けられるよう応援お願いします
にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ


Twitter・Instagramも更新しています



@tabi312i



LINEでブログ購読もできます(^-^)/



自宅に帰ったら楽しみにしてたもの届いてた〜



アンカー・ジャパン株式会社から『夢を尋ねる旅』の企画協力として旅先で使う電源周りの商品提供をしていただきました!


Ankerとは...
2009年、米Google出身の数名の若者達によって創設された会社。

AmazonのモバイルバッテリーのランニングでいつもAnkerは首位ですね!
ぼく自身は以前からiPhone用充電ケーブルをAnker製のものを使っていました。




他社のLightningケーブルはすぐに接続不良になることが多いのですが、AnkerのLightningケーブルは長持ちする。
安くて手頃な価格なのに、品質にもこだわりを感じます。


スマートフォンのアクセサリー会社というイメージが強かったのですが、最近では自動掃除機ロボットなど家電製品にまで参入しているそうです!



そんないま注目すべき企業から商品提供していただいたのは…



① 大容量モバイルバッテリー 

スマートフォン・ポケットWi-Fi・カメラ・・・どれも旅先で、夢をインタビューして発信するには必ず必要となるもの。
そしてどれも充電がなければ使うことはできない
いつ充電できるか分からない旅先で必ずもっておきたい大容量のモバイルバッテリー!
 


② USB急速充電器

コンパクトなのゆUSBポートが4つもある!急速充電にも対応。
これがあれば、コンセントのあるところで一気にスマートフォン・カメラ・ポケットWi-Fi・モバイルバッテリー本体…すべてを同時に速く充電できる!! 
 


③ 高耐久Lightningケーブル
iPhoneのLightningケーブルはすぐに接続が悪くなってしまうもの。
そんなイメージがぼくには強いですが、きっとこれなら多少乱暴に使っても長持ちしてくれると信じてる!

下に貼った動画をみればそう感じられると思います。
旅先でも耐久テストを行っていきます 
 




これら3点、どれも旅先での電源確保には必需アイテムです!
それぞれAnkerならではの特徴もあるので、次の記事でひとつひとつ商品を紹介していきます(^-^)/

 
1日1回クリック
たくさんの人に夢を発信したいので応援お願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ

こんにちは!
世界ドリームプロジェクトを運営しているゆうすけです。
07
dreem.jp



https://youtu.be/_TAzwp6TI7k

世界中の人々へ「夢」を尋ねながら旅をする企画。
2015年の第1弾で約150名の人々にインタビューした「夢」と「笑顔」をひとつの動画にまとめました


東南アジア6カ国(マレーシア・ミャンマー・カンボジア・ベトナム・ラオス・タイ)で
現地の人々と各国を旅している人々にインタビューしたものです!


現在、2017年夏からの第2弾を計画中です!
より企画をパワーアップさせたいので、クラウドファンディングへのご協力もよろしくお願い致しますm(_ _)m


 
1日1回クリック
多くの人に「夢」「笑顔」が届けられるよう応援お願いします
にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ


Twitter・Instagramも更新しています



@tabi312i



2015年に行った東南アジア6カ国での「夢」を尋ねる旅
現地の人々・旅人の約150名から「夢」「笑顔」を集めることができました。
【旅の写真】http://tabi312i.blog.jp/archives/1040724587.html


そして再び2017年 夏から第2弾 夢を尋ねる旅計画しています!

表紙

 
今回も企業から協賛をいただくため、企画書作りを進めています!

それから第2弾ではあらたにクラウドファンディングも行いたいと思っています!




動画も作ったので是非観てください
シェアもしていただけると励みになります!


 
1日1回クリック
多くの人に「夢」「笑顔」が届けられるよう応援お願いします
にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ


Twitter・Instagramも更新しています



@tabi312i



LINEでブログ購読もできます(^-^)/
 

旅から帰ってきてもう一ヶ月経とうとしてる。
いつまでマイペースにブログ更新してるんだー! マイペースすぎる(´・_・`)
これが今回の旅、最後の記事になると思う。

タイで尋ねた夢を紹介していきます。
東南アジア6カ国で夢を尋ねる旅、最後に訪れた国がタイでした。

他の国で尋ねた夢の記事も是非読んでください
夢を尋ねる旅 : たびっちゃう! 〜バックパッカーの旅〜(全21記事)
http://tabi312i.blog.jp/archives/cat_1101672.html


夢を尋ねる旅 in タイ(バンコク&パタヤ) 現地の人々編

ショッピングセンターのおねえさん 20歳 @タイ・バンコク

thumb_IMG_0130_1024

Graduate, have a good job done.
Smile
卒業して良い仕事に就くこと 

バンコクの大きなショッピングセンターでアルバイトをしていたおねえさん。
買い物についてのアンケートに協力してほしいとのことだった。
アンケートのついでに買ったばかりの新しいスケッチブックに夢書いてもらった  
現在は大学でホスピタリティの勉強をしていて、卒業して良い仕事に就くことが夢だそう!


チェンマイ出身のタクシー運転手 33歳 @タイ・バンコク

thumb_IMG_0131_1024

I wish you a success in your life after you graduated.
キミが学校を卒業して、人生に成功することを願ってるよ。

ワット・ポーという寺院まで乗せてくれたタクシー運転手
出身はタイの北に位置するチェンマイで15歳のときにこの首都・バンコクに来た。
いま結婚して1歳と8歳の娘がいるんだって!
お財布の中に大切にしまってある娘の写真を見せてくれた
このタクシー運転手さんがスケッチブックに書いてくれたのは嬉しいメッセージでした。


カオサン通りのiPhoneケース屋のおにいさん 20歳 @タイ・バンコク

thumb_IMG_0129_1024

I Love my Friends
友達を愛している

1年前くらいにミャンマーからタイのバンコクへやってきたそう。
カオサン通りでiPhoneのケース屋をしている。
仕事中なのに接客もろくにせずにしばらくの間話相手になってくれた
"I Lobe my Friends" 遠くに住んでいる彼女に会いたいっていうことも話していた。
彼女への手紙もスケッチブックに書いてくれた。(内容は )


iPhoneケース屋にいたミャンマー出身のひと 31歳 @タイ・バンコク


thumb_IMG_0128_1024

if alive love
if die no one
love anymore
deeth body
if u look on us
body nothing special 
愛があっても、死に直面した時
誰も死んだ体をそれ以上愛すことはできない
わたしたちにとって身体は特別な意味を持たない
 

この人も同じミャンマー出身。
「俺にも書かせてくれ!」と向こうから書いてくれた。
夢というより哲学的な?ちょっと難しいメッセージ 
「身体は特別な意味を持たない。大切なのは心だ」というような意味が込められているのかな?


ゲイのレストランのおにいさん 28歳 @タイ・パタヤ

thumb_IMG_0135_1024

I wish you a happiness from Thailand 
キミがタイで満足することを願ってる

パタヤのレストランで働くゲイのおにいさん
夜中1時頃、夜行バスでパタヤ到着して宿探しをしようとしていたところ、この彼が仕事中にも関わらず宿探しの手伝いをしてくれた。

部屋をチェックインして、別れてから数時間後、真夜中にも関わらずいきなりドアをノックしてきた。
そしてBBQの食べ放題へ行くことに   朝までずっと一緒にいてパタヤのビーチで朝日も見た 
そしてその後部屋に戻ったら、ズボンの中に手を入れられ…おちんちんを触られました(笑)
すっごくいいひとだったのに・・・お断りしたw

thumb_IMG_3620_1024


ゲイのおにいさんのおばさん 47歳 @タイ・パタヤ

thumb_IMG_0132_1024

I hope you see a new people in thailand
I'm Kan Thee
nice to meet you
タイで新しい人々と出会えることを願っています
わたしはKan Thee
あなたに会えてうれしい 

ゲイのにいさんのおばさん!
BBQの食べ放題に行ったときにこのおばさんも来てくれた  夜の3時頃だったというのに…
ビーチで朝日を見ながら乾杯もした!
にいさんは英語ほとんど話せないひとだったけど、おばさんが英語もよく話せるひとだったおかげでみんなお互いに話すことできた


ウォーキングストリートで客引きをしていたにいさん 3人組 @タイ・パタヤ

thumb_IMG_0136_1024

リトルコテージ
katomnoy
 
パタヤのウォーキングストリート…
夜は完全に遊びの街でびっくりしちゃった(笑)
やっとこさ話せたのが客引きのにいさんたちw
「おれ達はタイのギャングだ!」っていいながらいい調子だったな
書いてくれたのはどういう意味なんだろう(´・_・`)笑


トルコ出身のケバブ屋のおじちゃん @タイ・パタヤ

thumb_IMG_0137_1024

Give you happy

パタヤのウォーキングストリートにあるケバブ屋さん
ケバブと言えばトルコ。お店のひともやっぱりトルコの人だった。
すっごく気さくでやさしい笑顔のおじちゃん
なんて書いてあるのか尋ねるとトルコの言葉で"Give you happy." って言ってた。


ケバブ屋で働く15歳の女子高生 @タイ・パタヤ

thumb_IMG_0138_1024

Pee Jean

トルコのおじちゃんのケバブ屋でアルバイトをしている女の子
韓国が好きで、韓国語も勉強しているそう。
常にニコニコしている女の子だった。
でもすっごく恥ずかしがり屋でシャッターチャンスは2秒しかくれなかった(^n^)
なんて書いてくれたかも本人は教えてくれれず…。
現地の人に聞いてみると "Pee Jean" と自分の名前が書いてあるそう。


ケバブ屋で働く17歳の女子高生 @タイ・パタヤ 

thumb_IMG_0139_1024

want

この子も同じくケバブ屋さんでアルバイトをしている女の子。
ふたりとも女子高生。夜9時過ぎ頃だったけど、普通に働いているんだね。
タイ語でwantと書いてある。どんな夢があるんだろう。


パタヤのお土産屋で働いているミャンマー出身のひと 20歳 @タイ・パタヤ

thumb_IMG_0140_1024

Get money and have a good family
お金を得ること。素敵な家族を持つこと

ミャンマー出身で、数年前にタイへ来たそう。
タイにはちらほら出稼ぎで他の国から来ているひとたちと出会う。
この人もきっとそうなのかな。
「お金を得ることと、素敵な家族を持つこと」が夢
最初は「絶対ダメ」って言って写真撮らせてくれなかったけど、いきなり「やっぱり撮って」と言って、本人が満足いくまで何度も撮り直しさせられた  


パタヤのお土産屋で働いているミャンマー出身のひと 24歳 @タイ・パタヤ

thumb_IMG_0141_1024

My name is Rey
Live My Life
オレの名前はRey
自分の人生を生きる


この人もミャンマー出身
"Live My Life" なんてカッコいい夢!!
でもこのとき以外はただただ「日本人の女の子紹介して」とお願いしてくるにいさんだった。笑
日本人の女の子は性格も見た目もパーフェクトだってひヒソヒソとささやいてたな。



夢を尋ねる旅 in タイ(バンコク&成田) 旅人編

カオサン通りに遊びに来ていたおにいさん 28歳 @タイ・バンコク 

thumb_IMG_0134_1024

美奈子と幸せな結婚生活を送れますように!!

2年前にバンコクに来てからハマってしまったそう。
これからカオサン通りのクラブに遊びに行くって言ってたな。
このひと今年に結婚するらしい!! ステキな夢を書いてくれた


旅好きの高校2年生 @タイ・バンコク

thumb_IMG_0133_1024

22までに100カ国

東南アジアを2週間旅している高校2年のバックパッカー!!
旅中にひとり旅をしている高校生に出会ったのは彼だけだったな。すごい!!
ぼくももっと早くから旅のおもしろさに気づくんだった(笑)
22までに100カ国行くことが夢だそう!!


 アメリカの留学帰りに東南アジアを旅した大学3年生 20歳 @日本・成田空港

thumb_IMG_0142_1024

国際協力
夢に向かってがんばって下さい
てっぺい


半年間のアメリカでの留学から日本に帰ってきてすぐ、この東南アジアの旅に出たそう。
実はラオスのルアンパバーンで一度出会っていて、日本に帰国するバンコクの空港でたまたま再会。
日本に到着してからしばらく一緒に話した。 
ぼくは作業療法士になって青年海外協力隊に行きたいと思っているのだけれども、彼は理学療法士になって青年海外協力隊になりたいと思っていたそう!
いまは法学部の大学で勉強しているけど、将来、学校に行きなおして理学療法士になるかもしれないと話していた。
青年海外協力隊に行きたいという夢。リハビリ職を目指しているということ。同じNGO団体でお互いにカンボジアへ行ったことがあったりと…いろんな共通点があってすっごくおもしろかった。
この旅の最後にスケッチブックに書いてくれたのはぼくへのメッセージでした。



タイでは夢を尋ねていたのに、メッセージであったり、夢以外のことを書いてくれることが多かったな
夢を尋ねているということが本当に伝わっていたのだろうか(笑)


1ヶ月の東南アジアの旅から帰ってきてすぐに書いた旅の振り返り記事はコチラ↓↓
【まとめ写真・長文】「旅をして、旅から帰ってきて感じたこと」
http://tabi312i.blog.jp/archives/1040724587.html

旅をして、夢を尋ねる企画をして本当によかった。
今回のぼくの個人の旅に協賛してくださった企業様にも感謝です。 ありがとうございました。
http://tabi312i.blog.jp/archives/1037356648.html 



世界新聞での連載もよろしくです

ブログランキングに参加中
応援してくださる方、クリックしていただけるとうれしいです
にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

バックパッカー ブログランキングへ

夢を尋ねる旅 in ラオスを訪れている旅人編

thumb_DSC06848_1024
(ラオス・ルアンパバーンのプーシーの丘から撮影)

ラオスは日本人が多かった!
夢を尋ねるスケッチブックがきっかけにたくさんの人と出会えました。

thumb_DSC06962_1024


一緒にルアンパバーンの滝へ行って…

thumb_IMG_3501_1024


飛び込んだり!

thumb_IMG_3344_1024


朝早起きをして托鉢へ行ったり!

thumb_DSC06807_1024


今回スケッチブックに夢を書いてくれた旅人もみんな日本人です
ずっと一緒に行動しちゃってたから(^^;)

早速尋ねた夢を紹介していきます。

東京出身 20歳

thumb_IMG_0115_1024

友達をたくさん作って
世界一周したい
MAIKA

同い年の女の子。ふあふあした雰囲気の子だった
同じゲストハウスで出会ったのだけれども、数時間後にはカンボジアへ向かうためバイバイ…
カンボジアではお金が底を尽きて毎食バナナ生活をしていたそう


神奈川県 年齢不詳

夢を尋ねる旅 5カ国目はラオス
ひとも街並みも穏やかなイメージのある国で今回の旅で絶対に行きたい国のひとつでした。

ラオスへはベトナムから夜行バスで行く予定でしたが、時間がなくて飛行機を使ってしまった
プロペラ機に乗りハノイからルアンパバーンまでたったの1時間で到着…。

2015-09-13-20-36-45



ルアンパバーンは静かで落ち着く場所だった。高いビルなんかは全然見かけなかったな。

2015-09-14-13-37-10


自然がいっぱいで森の中は日本にもあるような景色に思えた。

2015-09-14-12-28-51


ルアンパバーンの山から見た夕日。綺麗だった。夕日ってどこで見てもきれい。。

2015-09-14-20-02-10


そんなルアンパバーンで尋ねた夢を紹介します。
夢を尋ねる旅 in ラオス・ルアンパバーン

シェイク屋さんのおじちゃん

 2015-09-15-11-38-24

I love you & Japan
Welcome Japanese
キミと日本のことが大好き
日本人、ラオスへようこそ!


シェイク屋さんのおじちゃん 
ラオスの言葉で夢を書いてくれた。英語は話すことだけできるそうで、なんて書いてあるのか教えてくれました。
書いてくれたのはうれしいメッセージだ
ここのマンゴーシェイクおいしかったなー!! 旅中、毎日のようにマンゴーシェイク飲んでいた(笑)


レストランのおねえさん

2015-09-15-11-43-19

my dream is tour guide
わたしの夢はツアーガイドになること


綺麗なレストランのおねえさんたち
ツアーガイドになることが夢だそう。カンボジアもそうだったけど、ラオスでもツアーガイドはお給料がいいのかな。ただ、ラオスではガイドのひとを見かけた覚えない。

すっごくおしとやかで優しい雰囲気のおねえさんたちだったな。
ラオス語もいろいろ丁寧に教えてくれた。
笑顔がステキ! ハンサムって褒められちゃった おねえさんたちもよ
ぼくはもうずっとふたりにメロメロでした(笑)


ナイトマーケットのおねえさん

東南アジア 6カ国を旅をしながら夢を尋ねる旅
ベトナムで出会った旅人の夢を紹介していきます。

スペイン出身 29歳

2015-09-09-20-35-43

RIDE WITH MY MOTORBIKE
AROUND THE WORLD!!
TO yusuke OF SPANISH FRIEND
BE HAPPY!!
モートバイで世界中を旅したい
幸せになる!!


ベトナムに南に位置するホーチミンから北に位置するハノイまでモートバイだけで旅してる!
今日は8時間運転していたそう。こういうおかしいひと好き 笑


同じドミトリーの部屋で次の日はモートバイでホイアンのビーチに連れて行ってくれた!

image



フランス出身 24歳

2015-09-10-15-32-35

Peace for everyone in the world
ALL religions together
gautheir
世界中みんなの平和
すべての宗教が共に

大学4年生で2週間ベトナムを旅しているところに出会った。
大学では広告について勉強しているそう。
フランスで1番、世界で2番目に大きい広告会社で勤めたいって夢も話してくれたな。

ローカルフードよりも食べ慣れたものが恋しくて、お互いに「バーガーキング最高!」と言いながらハンバーガー食べた(笑)

夢を訪ねる旅 in ベトナム
東南アジア6カ国で夢を尋ねる旅の3カ国目はベトナム 
ホーチミン・ホイアン・サパを訪れました。(それからちょこっとダナン・ハノイも)
ちょうど旅の中盤ごろ。予定がキツキツになってしまい、飛行機も使いつつ6日間でベトナムを旅した
飛行機使うつもりなかったのに…(笑)


これがベトナムの言葉で「あなたの夢はなんですか?」
 
2015-09-08-20-13-17



ベトナムの現地に住む人々へ尋ねた夢を紹介していきます。

ベトナム出身 32歳・20歳 @ホーチミン
 
2015-09-08-17-07-22

ME : HUOHG
HER : GiAU

二人は姉妹。お土産屋さんのひと
ぼくと同い年のGiAUとぼくの顔を描いてくれた
どういう意味なんだか(笑)すごく笑顔でフレンドリーだった。 
買うつもりなかったのについついここでお土産買ってしもうた


ベトナム出身 44歳 @ホーチミン

2015-09-08-17-09-01

SAiGON CiTY
I NEED MONEY
お金が必要

モードバイの運転手
電話番号まで書いてくれた!笑
モードバイの運転手もお客さんつかまえるのに大変なんだな。
歩いて街を散策していたからモードバイは必要なかった


ベトナム出身 16歳 @ホーチミン

2015-09-08-19-30-32

日本に留学したい
♡ゆきな♡



ベトナムの北に位置するサパ
東南アジアの中では少し肌寒い気温。山・田・滝などたくさんの自然に囲まれています。
そんなサパでトレッキングと山の中にある少数民族の村でホームステイをしてきました


ハノイからサパのあるラオカイまでは夜行列車に乗って移動
夜行列車のチケットを買おうと行ったツアー会社のお店では英語が全く通じなくて大変だったな
英語できる人に電話で繋げてもらってなんとかチケットをGET

image


ラオカイの駅からサパまではバンに乗って移動

サパは旅の出発前は行く予定がなかったけれど、旅先で出会う何人かの欧米のひとからサパはすごくいいところだよって何度もおすすめされてたから行ってみた。
日本人は少ないみたいだね。一人も見かけなかった。そういうところのほうがおもしろい



ここがサパの山の麓にある街並み
ツアーも宿もなにも予約せずにサパへ向かったけど、バンを降りるとすぐに少数民族の格好をしたひとたちがトレッキングとホームステイのツアーを誘ってきた。
ちゃんとホームステイまで商売としてあるんだね
予約していなくたって歩いていれば勝手に誘われるからなにも困らない(笑)


トレッキングスタート

少数民族のひとが案内してくれてトレッキングがスタート
オーストラリア出身の女の子ふたりも一緒だった

 

今回の1ヶ月の東南アジアひとり旅。
夢を尋ねながら旅し、モンベルからチャレンジ支援をいただいています。

モンベルのくまちゃんモンタ。カンボジアの次は一緒にベトナムへ
ベトナムのホイアンを訪れました。
ホイアンの古い町並みは世界遺産に登録されています。


モンタ at ホイアンの早朝の川沿い




早朝にホイアンへ到着。
ホイアンの静かで落ち着く雰囲気が街全体に広がっている。



早朝からランニング、体操してるひとを結構見かけた。
ぼくもホイアンで朝ランニングしてすっごく気持ちよかった…




モンタ at ホイアンの川に浮かぶ船 

1ヶ月間の東南アジア
バックパックを背負いなるべくお金をかけない旅


旅で必要はお金は大きく分けて3つ。
食費と移動費と宿泊費

食費関しては、最初の頃は1日2食にして、ローカルフードの安い屋台とか食堂でばかり食べて節約していた。
でもだんだんとローカルフードだけでなく、Wi-Fiを使うためと自分に言い訳をして綺麗なカフェやレストランへ行ったり、日本食が恋しくて日本食レストランに行ってしまうこともたまにあった、笑

移動費に関しては、計画では長距離の移動をするときはなるべく鉄道や夜行バスを使って移動するはずだった。
その方が飛行機を使うよりも安いし、旅をしている感じがするもんね。
でもたった1ヶ月で6カ国。居心地がよくて長く滞在してしまったところもあり、旅の中盤からはスケジュールがキツキツになってしまった。
鉄道やバスだと2日間かかる道のりだって、飛行機だったらほんの1時間のフライトで到着…。
そんなことで高いけれど、後半からは飛行機を使いだしてしまった(^^;)



食費も、移動費も節約できていないじゃないか!!
でも宿泊費だけはずっと節約してこれた。
大抵いつも周辺地域の宿でいちばん安い宿を選んで泊まっていた。

寝れればそれでいいのだから。
水シャワーでも我慢! エアコンなんてとんでもない!
部屋はシングルよりもドミトリー
ドミトリーの方が安いし、いろんな旅人との出会いもあっておもしろものね。


これがぼくが生まれてはじめて泊まったマレーシアのゲストハウス。
薄暗いし、あまり綺麗とは言えない。




こういった安宿はひとつ大きな問題が…。
いや安宿だろうが東南アジアだったどこでも同じか。
とにかく蚊が多い!!


そこでお灸の登場
本題までの前置き長すぎた(笑)

旅に行く前、鍼灸師さんからお灸をもらってきていた。
お灸って、身体が悪い時に使うんじゃないんだね(^-^)/


お灸に使うモグサは、元々ヨモギから作られていて、そのヨモギに虫除けの効果のある成分があるそう!


モグサとライター
そして火をつけたモグサを入れておけるものを用意!


今回はアルミ缶をきって入れ物を作った
もし灰皿があればそれもいいかも!



モグサをピンポン玉くらいの大きさにとって…




アポロチョコの大きさ・形にする!笑




あとはこのモグサに火をつけるだけ!
モグサが燃えるとこんなんになる。
煙が出てきてそれが虫除けになるみたい!


お灸を持っていくといろんな場面で使えてよかったな(^-^)/
また旅へ行くときもお灸持って行こう。

こんにちは!
世界ドリームプロジェクトを運営しているゆうすけです。
07
dreem.jp


大学の夏休みの期間を使って1ヶ月間、東南アジア6カ国をバックパッカーでひとり旅。
いくつかの企業から協賛をいただき、夢を尋ねながら旅をしました。

1ヶ月間の旅をまとめた写真と旅先で出会った人々の夢を紹介します。
詳しくは別の記事も読んでいただけるとうれしいです
夢を尋ねる旅 : たびっちゃう! 〜バックパッカーの旅〜
東南アジアひとり旅 : たびっちゃう! 〜バックパッカーの旅〜


東南アジアひとり旅

2015-09-20-15-20-25

 マレーシア(クアラルンプール・ペナン島)
2015/08/21〜8/24


 2015-09-20-16-04-39

ミャンマー(ヤンゴン・バガン)
2015/08/27〜8/31


2015-09-20-15-34-45

カンボジア(シェムリアップ)
2015/09/01〜9/06


2015-09-20-15-39-11

ベトナム(ホーチミン・ホイアン・サパ)
2015/09/07〜09/12


2015-09-20-15-57-15

ラオス(ルアンパバーン・ヴィエンチャン)
2015/09/13〜9/18


2015-09-20-15-48-24

タイ(バンコク・パタヤ)
2015/8/25〜27、08/31〜09/01、2015/09/18〜09/20



"What's your dream?"
旅先で出会った人々の夢

2015-09-16-04-43-48

マレーシア(現地の人々の夢)

2015-09-16-04-58-34

マレーシア(旅人の夢)


2015-09-16-05-05-18

ミャンマー(現地の子どもたち)

2015-09-16-05-11-34

ミャンマー(現地の人々)


2015-09-16-05-13-24

ミャンマー(旅人)


2015-09-16-05-18-09

カンボジア(マーケットで出会った現地の人々)


2015-09-16-05-21-29

カンボジア(夜のストリートの子どもたち)


2015-09-16-05-23-25

カンボジア(村の小学校の子どもたち)


2015-09-16-05-25-31

カンボジア(旅先で出会った日本人)


2015-09-16-05-32-32

カンボジア(乾杯・安宿で出会った人々)


2015-09-16-05-38-17

ベトナム(現地の人々)


2015-09-16-05-43-46

ベトナム(旅人)


2015-09-20-14-45-28

ラオス(現地の人々)


2015-09-20-14-47-43

ラオス(旅人)


2015-09-20-22-10-17

タイ(現地の人々・旅人)

2015-09-16-14-21-10

協賛ありがとうございました。


モンタとカンボジアのシェムリアップにやってきた!
半年くらい前にも行ったことあったけど、モンタと来るのはこれがはじめてね

アンコール・ワット(カンボジア・シェムリアップ)

2015-09-02-18-02-15


ついにモンタ、アンコール・ワットにやって来た。

2015-09-02-18-47-06


やっぱりすごい迫力。
アンコール・ワットは12世紀前半にヒンドゥー教寺院として30年を超える歳月を費やし建立されたそう。

2015-09-02-18-33-01


アンコール・トム(カンボジア・シェムリアップ)

image

アンコール遺跡群のひとつ。これも世界遺産。

旅先にはその国の人々だけでなく、いろいろな国から来ている人々がいる。
もちろんその中には日本人も

カンボジアでゲストハウスの建設に来ている日本人 4人

日本出身 24歳

2015-09-05-00-23-08
 
Everytime Big Smile & Big love
いつでもBigなスマイル&ラブ


静岡出身 29歳

2015-09-05-00-23-42
 
What I've done the most amazing thing is to be born in the EARTH♡
わたしが成し遂げた最も驚くべきことはこの地球上に生まれてきたこと♡


日本出身 21歳

2015-09-05-00-24-04

クニョム チョン ヨル
all over the world
世界中のことを知りたい


日本出身 26歳

2015-09-05-00-25-00

WE ALL BLEED The SAME COLOR
わたしたちはみんな同じ色の血液


逆立ちw 最高のポーズ!
この人たちほんとおもしろかった(笑)

 ぼくのスケッチブックを使ってフリーハグもしだした(笑)

 image

しばらくマーケットを一緒に歩いてワイワイ楽しかった



村の教育ボランティアに来ている日本人 2人
 
ぼくが前に教育ボランティアで行っていた村へトゥクトゥクで片道2時間かけて行った。
偶然最初に着いたところはぼくがステイしていた村の隣にある村だった。そしてたまたま日本人との出会い!

日本出身 22歳

2015-09-03-13-44-54

Part 1からの続き
(【夢を尋ねる旅 in カンボジア】乾杯・ゲストハウスで出会った人々編 Part 1「アンコール WHAT!?」)


イギリス出身 28歳

2015-09-02-18-31-45

For everyone to 
find HAPPINESS♡
Catherine...UK
みなが幸せをみつけられますように

このひととはタイで出会い、カンボジアでまた再会した!
アンコールワットを1日一緒に観光をしたり、朝まで乾杯したり。
すごくやさしいお姉さんだったな。
メンタルメディカル。精神病院で働いている。
ぼくが目指している作業療法士と仕事することもあるらしい。 不思議な巡り会い。


イギリス出身 28歳

2015-09-04-00-56-42
 
To bring peace, love & sustainability through engineering & technology
工学と技術を通して平和、愛、環境の維持をもたらす。

環境問題に取り組んでいるDoctor of engineering(工業博士)。

この人とも一緒にディナーを食べて、朝まで飲んでいた。
すごく熱く語ってくれる人だった。


フランス出身 29歳

2015-09-06-19-13-24

World wide PEACE
世界中の平和

同じドミトリーの部屋だった。
8ヶ月間旅していて、旅の途中タイで5週間、マッサージの勉強をしていたらしい!
タイかほかの国でマッサージのお店を開きたいとも話していた。


イギリス出身 25歳

2015-09-06-19-30-19

I would Love to open my own Coffee Shop♡
Love Jody from England
自分のコーヒーショップを開きたい♡


この人も同じドミトリーの部屋だった。
イギリス生まれだけど旅する前は2年間ニュージーランドに居たらしい!
カンボジアではシェムリアップの学校の教育ボランティアで2週間英語を教えていたとのこと。

ぼくがカンボジア最後の日、ディナーにも誘ってくれて一緒に食事してそのあとはバーで乾杯もした。
フレンドリーですごく頼りになるおねえさんって感じだった


レッドブルでエナジーチャージ

image


コロンビア出身 28歳

2015-09-06-19-33-30

Family always together
Sebastian from Colombia
家族といつでも一緒にいること

この人も同じドミトリーの部屋で、旅の前はスタディービザでオーストラリアに4年間滞在していたらしい。
オーストラリアにずっと住みたいと話していた。1ヶ月東南アジアを旅中。


オーストラリア出身 31歳

2015-09-07-09-01-41

Everybody should be HAPPY
Be individual 
Tow (Australia)
すべての人々がひとりひとり幸せになるべき


ドイツ出身 31歳

2015-09-07-08-58-58

I want to see the whole WORLD!! :)
Geso (Germany)
世界全体を見たい!

前の写真のオーストラリア出身のひとと2人で5週間旅をしている。
カンボジアへ来る前はベトナムに居たらしい。

ぼくがベトナムへ行く夜行バスのピックアップをゲストハウスのロビーで待っていると、このふたりがビールを渡してくれて一緒に乾杯をした。
カンボジアにいる最後の最後まで乾杯をできてうれしかった。

たくさんの人と乾杯したな。
カンボジアの現地の人々との出会いはもちろん、こうして世界中あちこちから来ている人々との出会いもあってうれしかった。cheers!! カンパーイ!!


世界新聞でも連載しているのでそちらもよろしくです(^-^)/

ツイッターでも(Wi-Fiがあるとき)リアルタイムに更新しています。
https://twitter.com/tabi312i



ブログランキングに参加中
応援してくださる方、クリックしていただけるとうれしいです
にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

バックパッカー ブログランキングへ

カンボジア・シェムリアップ
乾杯やゲストハウスで出会った欧米人の夢を紹介していきます。

欧米人と一緒に飲みに行ったバーにて
話した記憶が曖昧であまり詳しくは書けないですが…(笑)


ニュージーランド出身
 
2015-09-04-03-06-55

TO BE RICH IN EXPERIENCE...
TRAVELL THE WORLD & BE HAPPY!
たくさんの経験を…
世界を旅して幸せになる!



2015-09-04-03-20-48

WE ARE ALL ONE
LOVING COMMUNITY
わたしたちはひとつ
このコミュニティーを愛している

To share love, happiness, laughter & spread the knowledge of ocean conservation to children & adults Love all, Love your ocean!
愛と幸福と笑いをみんなで分かち合い、子供から大人まで海洋保全の知識を広めたい!
みんなを愛し、みんなの海洋を愛す!
 
海洋研究とか海洋保全にかかわっている人?
写真の左側のひとはこの日が誕生日だった! HAPPY BIRTHDAY!!
夢を人から尋ねられると考えるきっかけになる。すごくいいプロジェクトだと言ってくれた。



2015-09-04-03-19-47

ピーター(イギリス出身 28歳)

2015-09-04-00-56-42
 
To bring peace, love & sustainability through engineering & technology
工学と技術を通して平和、愛、環境の維持をもたらす。

これがピーターの書いてくれた夢。
環境問題に取り組んでいるDoctor of engineering(工業博士)。

カンボジアのレストランではじめて出会い、バーで朝まで一緒に乾杯した。
なんでもすごく熱く語ってくれる人だった。 
(過去の記事:欧米人たちと朝まで乾杯!! in カンボジア


環境問題についてピーターはこんな話をしてくれた。
「リンゴを土の上に捨てると1年間で土に還ることができるが、
もしプラスチックを土の上に捨てると20世代の家族まで自然に還ることはできない。
いま地球の環境問題はとても深刻だ。」
20世代の家族って一体何百年かかるのだろう。


欧米のひとたちはよく、自分の夢を書く前に「あなたの夢は?」と逆に聞いてくることが多い。
ピーターもそうだった。ひとへ夢を尋ねる旅をしていながら、自分自身の夢となると曖昧だった。
ひとに聞かれたときにはじめて言葉として考える。

タイで出会い、カンボジアで再会したイギリス出身のCat
アンコール・ワットを一緒に観光し終え別れるときは、もうまた会うことはないかもしれないと思って少し寂しかった。
でもCatと別れてしばらくしてから気づいた。
Catのバッグに夢を書いてもらっているスケッチブックを忘れてる!
アンコール・ワットを観光中ずっと持ってくれていた。

たくさんの人の夢が書かれている大切なスケッチブック。ずっと大切にとっておきたかった。 
Catと連絡を取り次の日の夕方に会うことになった。

「いまどこどこのレストランに居るから来て」
言われたレストランまで行くと、イギリス人の男性2人と食事していた。
最初からスケッチブックだけ受け取って、すぐ別れようと思っていたけど乾杯をする雰囲気になってしまった
しかも肝心なスケッチブックはいま持ってきてないとのこと なんのために会ったのよ!笑

レストランで一緒にディナーを食べて乾杯!
そのあとはパブストリートのバーへ
 
2015-09-13-13-34-47


折り紙のつる。すごく喜んでお財布に大切にしまってくれた。
 

そして次は当たり前のように3軒目のお店に向かおうとする。
もう12時を過ぎていた。次の日は朝7時にトゥクトゥクのお兄さんとの約束がある。
ゲストハウスに戻って寝なくちゃ。
 
「明日早いから今日はもう帰るね。ありがとう。」 

「俺も明日早い!No problem!」

「No~!! It's problem!! 泣」

「一杯だけだ!さぁ行くぞ!」


断りきれずに結局3軒目へ(笑)
たくさんの人がスケッチブックに興味を持ってくれて夢を書いてくれた。(新しいスケッチブックにね・・・笑) 

2015-09-04-03-06-53

image

(別の記事:夢を尋ねる旅


そして4軒目・・・

東南アジアを6カ国旅。マレーシアからタイへ。タイからミャンマーへ。そしてミャンマーからタイへ戻ってきた。
タイは経由などでなにかと訪れることが多い。

このときも次はカンボジアへ行くため、タイに1泊だけする予定だった。
タイに到着しゲストハウスに荷物を置き、早速タイ・バンコク〜カンボジア・シェムリアップへのバスのチケットを購入しに行った。

バスのチケットを購入
バンコクのカオサン通りにある旅行代理店へ行き、
カンボジアのシェムリアップまでのバスチケットを購入したいと下手くそな英語で受付のひとに伝えていた。
すると隣に座っている欧米の女性がニッコリしながらぼくを眺めている…

この女性もシェムリアップへ行くチケットを購入しようとしているところだった。
イギリス人の28歳の女性。すごくやさしい表情のお姉さんだった。
「どこから来たの?」「ひとりで旅しているの?」
お姉さんといろいろ会話をしているうちに、お姉さんの方は普通より2倍以上高いチケットの値段を提示されていることが発覚!

2人で文句を言い合った(笑)
「She is crazy!!」
日本人だけでなくイギリス人もお金を持っていると思われやすく、よくぼったくろうとしてくるらしい。


文句を言い合っているのが受付のスタッフにも聞こえたらしく、
「ここはお客さんのためのところよ!関係ない話するならカフェにして頂戴!」
と言われてしまった(笑)

ぼくは1,000円くらいでバンコクからシェムリアップ行きのバスチケットを購入し、お姉さんの方はチケットは買わずにお店を出た。
 

お姉さんとカフェへ
そして本当にカフェに誘われた 笑
おしゃれなカフェみたいなところへ。
昼間からビールで乾杯。cheers!!

結局お姉さんはスカイスキャナーで一番安いシェムリアップ行きの航空券を購入した。
旅行代理店の半分以下の価格で! 


お店のテーブルに置いてあったConnect Four(コネクト・フォー)というゲームも教えてくれた。
日本の五目並べに似ている。五目並べを縦に立てたもので、先に4つ色を揃えた方が勝ち!

2015-09-01-22-18-19


5回くらい勝負したけど1回しか勝てなかった 笑


楽しかったな!3時間くらい一緒にいた。
イギリス人の歳上の女性、半端じゃない包容力(笑)


チケットを購入するためだけに外に出たからcheeroも持っていなく、iPhoneのバッテリーが0%になってしまった。
 
image

(商品提供していただいた防水・防塵のモバイルバッテリー cheero Tough 9000mAh


もう夕方になるし充電もしたいし、そろそろゲストハウスに戻ろう。
そう思ってお会計を済ませ別れようとした。


一緒にディナーへ 
お店を出て別れ際…
「もしあなたがOKなら、またこのあとディナー行かない?」
「シャワーとか浴びたいでしょ? 何時に待ち合わせする?」

えー!今日は溜まっているブログの更新しようと思ってたのよ・・・
でも行きたい!!

ゲストハウスに戻ってiPhoneを充電し、シャワーも浴びて、待ち合わせの場所へ行った。

スケッチブックを持ち、夜のオールドマーケットで夢尋ねをしたいた。
トゥクトゥクの運転手やマーケットの人々へ

すると7歳くらいの男の子がぼくの方へ近寄ってきた。
その隣にはまだ生まれて数ヶ月であろう赤ちゃんを抱えた小さな女の子も立っている。
そして「ミルクを買うためにお金をちょうだい」とくもった表情でせがんでくる。

こういうときどうすればいいのか分からなくなる。
本当に貧しくて必要としてお金を求めているのだと思う。お金を渡せばたしかにそのときは助けになることかもしれない。でももっと長い目で考えたとき本当にそれでいいのか疑問。
 
子どもがこういった物乞いのようなことをしていると、このことばかりに専念して学校へも行かなくなってしまうかもしれない。
将来も働かずに、物乞いをして毎日ぎりぎりの生活をし続けることになるかもしれない。
しっかり学校に行けば教育を受けることができ、きっと将来の人生の選択肢も広がる。


子どもたちにはお金は渡さずに街を歩き続けた。
でも30分くらいして、またばったり会ってしまった。
ぼくの顔を覚えているよう。またお金をちょうだいとせがんでくる。


お金を渡すことはできないけれど、スケッチブックとペンを渡してみた。
するとニコッと笑ってなにかを書きはじめた。

2015-09-02-23-11-56


“ Play - I LOVE
I ♡ Cambodia♡
Play I Love ”

2015-09-05-22-40-05


どういう意味だろ。
遊ぶのが好き。カンボジア大好きってこと?


「写真1枚1ドル!!」と言われた(笑)

2015-09-02-23-12-36

Part 1からのつづき
カンボジアのマーケットで出会った現地の人々の夢を紹介していきます。


カンボジア出身 24歳
at カンボジア・シェムリアップ

2015-09-05-21-10-38

I want go outside country work Japan
Ara
日本で働きたい

トゥクトゥクの運転手
村にある家にも招いてくれて夕飯をご馳走してくれた。 (過去の記事
 
1ヶ月の収入はだいたい200ドルくらいらしい。
収入が高い日本で働きたいと話ししていた。


カンボジア出身 26歳
at カンボジア・シェムリアップ のオールドマーケット

2015-09-06-02-19-25

I want to be a tour guide!
ガイドさんになりたい!

トゥクトゥクの運転手
実はこのひとぼくが前にカンボジアに行ったときに耳を舐めてきたひと(笑)

久しぶりに顔を見てぼくから気づいた。
耳を舐められたとはいえ、また会えたなんて嬉しくてぼくから声をかけちゃいました(笑)
向こうもばっちり覚えていてくれてた。そして一緒に飲みに!
 

こんにちは!
世界ドリームプロジェクトを運営しているゆうすけです。
07
dreem.jp


カンボジア・シェムリアップ
やっぱりここは居心地よくてたのしくて、スケジュール以上にながく居てしまった。

この日の夜はオールドマーケットをひとりで歩いていた。
すると見覚えのある顔が!!この人はまさか!

半年くらい前カンボジアへ行ったときに出会ったトゥクトゥクの運転手だった!
ぼくの耳を舐めてきたトゥクトゥクの運転手……w
 


耳を舐められたとはいえ、また顔が見れたことがうれしくてぼくから声をかけちゃった(笑)

お互い顔を合わせた瞬間、ばっちり向こうも覚えていてくれた
トゥクトゥクのにいさんは会ってすぐに「いまから飲みに行こう」と誘ってきた。

でもぼくがこのときオールドマーケットを歩いてたのは、レストランかどこかのWi-Fiを使おうと探していたから。
Wi-Fi繋げてやりたいことがあって1時間後でもいいか聞いたら、それでもいいよと言ってくれた

そして1時間後にまた会った!
彼のトゥクトゥクでオールドマーケットの外れにあるレストランみたいなところに連れて行ってくれた。

ひとつひとつ個室に区切られてるお店だった。
ジョッキにビールを注いでカンパーイ!!

久しぶりの再会!!
相変わらずのハイテンションww

2015-09-06-02-01-38


2015-09-06-02-01-41


2015-09-06-02-01-46


2015-09-06-02-01-51


乾杯してしばらくすると隣に知らない女の子が座ってきた(笑)
ぼくの隣とトゥクトゥクのお兄さんの隣とひとりずつ…。

女の子なんて頼んでなーい!!笑
無表情のままどすんと座ってきて、英語も通じない。
カンボジアの言葉しか知らないようだった。

スオスダイ(こんにちは)
クニョム チョモッホ ゆうすけ(ぼくの名前はゆうすけ)
オークン(ありがとう)
クダウナッ(暑いね!)
スアート(かわいい)・・・

知ってる限りのカンボジア語でがんばった(笑)


いちおう夢も書いてくれた

image



トゥクトゥクの運転手の方はというと、隣の女の子にキスしたりしてる(笑)
あれ?ゲイじゃない??

ぼくの隣の女の子もキスしたりベタベタしたりしてくる…
なのにほぼ無表情(笑) なんなんだ、、。

2015-09-08-23-21-11

家から眺められるカンボジアののどかな村の風景


カンボジアに来て必ず行きたかったのが、以前に教育ボランティアで訪れた村
トゥクトゥクの運転手にお願いして、シェムリアップ市内から片道2時間かけて村まで連れて行ってもらった。

2015-09-05-11-38-14


おかげで村で子どもたちや先生、ステイ先のパパ・ママと再会することができた。

2015-09-05-15-55-43



そして村からシェムリアップ市内のゲストハウスへ戻っているとき、
「オレの家が途中にあるから夕飯食べてけよ!」って言ってくれた。

ちょっと怪しいかな?とも思ったけど、いい運転手だったから信じてみた。

 

道の大きな国道から外れて約20分、トゥクトゥクの運転手の村に着いた。

2015-09-05-18-45-14


のどかな村の中にある家だった。